カンジダ 男

亀頭にブツブツ カンジダ性亀頭包皮炎を疑ってみましょう。

MENU

カンジタ男性完治セット

気になる亀頭の付け根のブツブツ

 

「亀頭の付け根にブツブツができてしまった...もしかして、これって性病か何かなのか!?」デリケートな部位に今までみられなかった異常がみられるようになったら、誰だって不安を抱えてしまうもの。 これは男性、女性、どちらにも共通することだと思います。

 

ましてや性器に現れる症状なんて、性病くらいしか考えられない!!という人が多いのも頷ける話です。

 

男性性器に現れる症状として

  • 亀頭がカサつく(白いカスのようなものが出る)
  • 亀頭の付け根部分がヒリヒリする
  • 入浴時に性器に染みるような痛さを感じる
  • 亀頭の付け根にブツブツができる

 

これらの症状があらわれているのだとしたら...それは「カンジダ性亀頭包皮炎」かもしれません。 症状については性行為のあとなど、何かしら性器に刺激を与えた時に強く感じる傾向があるようです。 あなたが感じているその悩みは、もしかしたらカンジダ性亀頭包皮炎によるものではないでしょうか?

 

カンジダ性亀頭包皮炎は、症状が性器に現れることから勘違いされやすいのですが、断じて性病ではありません。 ですから「自分が性病になってしまったのか!?」「パートナーにも移してしまったんじゃないか?!」といった不安を抱える心配は全くありません。 またカンジダについては、健康な女性にも存在する常在菌として知られています。

自分がカンジダ性亀頭包皮炎になってしまったとしても「パートナーにまで悪影響を及ぼしているのではないか!?」という不安を抱える必要もないのだそうです。

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎とは

 

カンジダ性亀頭包皮炎は、カンジダ菌と呼ばれるカビの一種が原因菌となり症状が現れるようになります。 男性がカンジダ性亀頭包皮炎になる切っ掛けの多くは、性行為によるものと言われているのです。性行為で女性のカンジダ菌が男性に移り、炎症を起こすことで発症するもの...と考えられているようです。

 

男性にカンジダによる症状が出ることは少ないとされているようですが、包茎の人の場合は比較的症状が出やすいとも言われています。 カンジダ菌はカビの一種なので、例えばバイ菌などの類いのもののように、石鹸で性器を洗ったりするだけでは菌を取り除くことはできません。

 

普通なら「菌がいるなら、とにかく綺麗に洗うことで改善できるんじゃないか。」と考えてしまうのは当然なんですけれど、 カンジダ菌は性器を丁寧に洗えば洗う程に増えてしまうとまで言われているんですよね。 カンジダ菌が増えてしまえば、カンジダ性亀頭包皮炎の症状は進行してまう...。 でもだからといって性器を不潔にしておく訳にはいかないだろ!!と思うのも、ごもっともな話です。

 

カンジダ性亀頭包皮炎の対処法は

 

では、どのように対処すればいいのか?それは結構単純な「カンジダ向けの石鹸で洗えばいい」という答えになります。 普通の石鹸でゴシゴシ性器を洗うことは逆効果と言われていますが、カンジダ向けの石鹸を使って性器を洗うことは、症状の改善にも有効的だと言われているんです。

カンジダ性亀頭包皮炎だけでなく、水虫やいんきんたむしに悩むの人達が使っている石鹸に『ファンガソープEX』と呼ばれるものがありますが、こういった専用石鹸ともいえる商品を使えば、性器を清潔さと同時にカンジダ菌に対処することができる訳です。

ファンガソープEXは、 カンジダ性亀頭包皮炎の再発防止にも有効的なことで知られている商品ですので「再発が怖い!!」と思っている方にも使ってもらえます。

 

また基本的なこととして、カンジダ性亀頭包皮炎は「治った!」と油断しているとすぐに再発してしまう厄介な病気としても知られていますので、ファンガソープを常備して使い続けていくことが完治への近道と言えるのかもしれません。

 

カンジダ性亀頭包皮炎の治療法は

 

カンジダ性亀頭包皮炎は、同じ症状を繰り返しやすいことから「治らない病」などとも言われていますが、根気良く対処することで、改善する見込みは十分にある病気です。

 

カンジダ性亀頭包皮炎を治療する上では、真菌の増殖を抑えるような効果の薬を用いることが有効的と言われています。 真菌の増殖を抑える薬というと、水虫などにも用いられているラシミールATも有名ですが、それ以上の効果が得られると話題となっているのが『ロテュリミン』と呼ばれる製品です。

 

ロテュリミンはクロトリマゾール配合で、カンジダ性亀頭包皮炎の場合、亀頭表面や付け根に1日2回薄く塗り広げることで効果が得られるようになると言われているもの。 使った人の感想として「数日でかゆみが改善できた」とか「気になるブツブツも塗り続けていく内に綺麗になっていった」とか、これから治療したいと思っている人からしても、かなり期待がもてる評価を受けています。

 

当然効果の出具合には個人差があるでしょうし、効果が出るとしても数ヶ月とか時間がかかる場合もあるかもしれませんけど、信じて続けてみる価値はある製品と言えると思います。 カンジダ性亀頭包皮炎は「治らない病」って言われてるくらいに、治りにくさで有名な病気です。だから、信じて毎日対処できることをやり続けていく!という『根気』が何よりも大切になると思うんですよね。

 

「症状が出なくなったからもういいや?」なんて油断してると、時期的なことや性交渉などを切っ掛けに、症状が再発してしまうことだって多々ある病気です。 症状に改善がみられたからと言って決して安心せずに、予防製品などを活用しながら継続的に対処を行っていくようにしてもらいたいなと思います。但し、ひどいときには迷わず医師の診断を受けることが大切です。


カンジダ完治